【レビュー】シャボン玉石けんのシアバター洗顔

シャボン玉石けんの「シアバター洗顔」が気になる

乾燥が気になる季節に使ってみたいと思っていたのが、今回初めて購入したシャボン玉石けんの洗顔石鹸(商品名:シアバター洗顔)です。

石鹸の原料となる油脂に保湿性の高いシアバターを使用している石鹸で、ドラックストアなどではあまり見かけないためネットから注文してみました。

しっとり洗い上げてくれる無添加で良質な石鹸「シャボン玉石けん シアバター洗顔」の特徴・泡立ち・使ってみた感想・ミネラルメイクの落ちなどを詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

目次

シャボン玉石けんのシアバター洗顔(固形洗顔石鹸)

箱の中身

高品質なのに良心的なプライスが嬉しい「シャボン玉石けん」の商品の中で、シアバター洗顔はちょっとお値段します。

とは言っても…1000円以内

箱を開けてみると、石鹸だけじゃなく泡立てネットも入っていました。

コンパクトに収納されている付属の泡立てネットを広げてみると、4本の指がすっぽり収まるサイズ。

泡立てネット

シアバター洗顔石鹸の口コミなどを見てみると、この泡立てネットの中に石鹸を入れ使っている方もいるようですが、たっぷり豊富な泡を作ろうと思うと私には使いづらかったです。

コンパクトすぎてネットがあまり動かないです

なので、いつも愛用している特大泡立てネットを使うようにしたら、ネット全体に絡みつくように泡立ち始め、クリーミーな泡がたっぷり作れました。

愛用品はこちらです

この特大泡立てネットはネット部分だけで約20㎝もあり、4層構造で効率よく空気と水分を含んでくれるので簡単に濃密泡ができます。

シャボン玉石けん「シアバター洗顔」の上質&まろやかな泡の質を堪能するためにも、大きめの泡立てネット使用をオススメしたいです。

形状・色・香り

石鹸の形状

シアバター洗顔の石鹸の色は、真っ白ではなく乳白色をしています。

石鹸の原料となる油脂に保湿性の高いシアバターを使っているので「香りが少しあるのかな?」と思っていたのですが、ほぼ無臭でした。

重量は60gなので、シャボン玉石けんの定番人気商品 100gある「シャボン玉浴用」などより小さめの石鹸です。

シアバター洗顔の全成分

成分

成分はシアバターを原料とした「石ケン素地」のみで、昔ながらの釜炊き製法(ケン化法)で作った無添加石鹸です。

シアバターは、アフリカの一部に生息するシアバターノキ(シアの木)の実から採れる植物性油脂。

保湿に優れた原料なので、肌につける化粧品などにも使われています。

公式YouTubeチャンネル

何か添加物が1種類入っていないだけで「無添加」ということもできますが、シャボン玉石けんは酸化防止剤・着色料・香料・合成界面活性剤を一切使用していない無添加です。

シアバター洗顔せっけん(60g)

シアバター洗顔はモコモコの優しい泡でしっとり洗い上げてくれる

泡立ち

付属されていたコンパクトな泡立てネットは使わず、愛用しているBULK HOMMEの特大泡立てネットを使用し作った豊富な泡がこちらです。

まろやか&柔らかい泡がたっぷりできました。

濃厚なのに固さを感じないクリーミーな泡

優しい泡で顔を包み込み、肌への摩擦をおさえながら気持ちいい洗顔することができます。

洗い流した後の肌は、シットリしつつも適度なさっぱり感があり肌が柔らかいです。

〇〇種類の美肌成分配合!とかではなく、成分はシアバターを原料とした「石ケン素地」のみだけなのに想像以上のしっとり感でした。

私が今まで使用したことのある石鹸素地100%の無添加固形石鹸の中で、このシットリ感は1番。

無添加石鹸を使いたいけれど肌の乾燥が気になっている方や、秋冬用・朝洗顔用としてもオススメだと思います。

石鹸で落とせるメイクなら綺麗に落とせる

ミネラルファンデーション

クレンジング不要で石鹸で落とせるメイクなら、私の場合1度の洗顔で大丈夫でした。

1度できれいに落とすポイントは、ぬるま湯で何度か余洗いをしたあと、ちょっと時間をかけ豊富な泡を押し当てるようにして洗顔すること。

ぬるま湯での余洗いが大事なポイントです

シャボン玉石けんの定番人気商品「シャボン玉浴用」で洗顔した時のようなスッキリ&さっぱり感はありませんが、人工的な感じがしない自然なしっとり感は気持ちいいです。

シャボン玉石けんのシアバター洗顔 | まとめ

シアバター洗顔

石鹸の原料となる油脂に保湿性の高いシアバターを使っている「シャボン玉石けん シアバター洗顔」は、使用感・コスパともに大満足の無添加石鹸でした。

豊富な柔らかい泡での洗顔やボディ洗いは楽しみになる

洗いあがりの自然なしっとり感も、気持ちいいです。

シアバターを原料とした「石ケン素地のみ」の成分なのに、このシットリした洗い上りは新鮮でした。

スポンサーリンク

目次
閉じる