違いは何?【シャボン玉石けん】浴用&ビューティーソープをレビュー

シャボン玉石けんといえば、化学物質や合成添加物を一切含まない「完全無添加石鹸」を石鹸業界でいち早く製造した会社。

定番人気商品の浴用石鹸は以前にも使ったことがありますが、ドラックストアなどであまり見かけない「ビューティーソープ」は初めて使います。

ということで…

moganaのアイコン画像mogana

シャボン玉石けんの無添加石鹸2つを使い比べてみました

この記事では、「違いは何?【シャボン玉石けん】浴用&ビューティーソープをレビュー」について書いていきます。

スポンサーリンク

目次

シャボン玉浴用とビューティーソープの違いは何?

シャボン玉浴用石鹸

ビューティーソープには商品名からして、「何か美容成分が配合されているのかな…」と思いませんか?

moganaのアイコン画像mogana

私は詳しく見てみるまで思っていました

だけど、どちらも石鹸素地100%で香料・着色料・エデト酸塩(酸化防止剤)・合成界面活性剤などを使用していない完全な無添加石鹸です。

ビューティー=美容成分ではありませんでした。

矢印
成分

どちらも成分は「石ケン素地」のみで、釜炊き製法で手間暇かけて作られた、石鹸素地100%の完全無添加石鹸です。

では…何が違うかというと、「ビューティーソープ」にはシャボン玉浴用よりワンランク上質&精製度の高い油脂を使用していているということです。

シャボン玉浴用石鹸

BEAUTY SOAPという商品名にばかり目がいっていたけれど、パッケージをよく見てみると「シャボン玉浴用~Premium~ビューティーソープ」と書いてありました。

シャボン玉浴用より上質な油脂を使用しているから、高級・上等などの意味のPremium(プレミアム)とついているんですね。

なのにお値段が約20円しか変わらないなんて、シャボン玉石けんは良心的です。

熟練の釜炊き職人が時間をかけて炊き上げ、天然の保湿成分を含んでいる「シャボン玉浴用」と「ビューティーソープ」を使い比べてみるのが楽しみでした。

使用している油脂の違いがハッキリわかるのか?

それぞれレビューしていきます。

定番人気商品のシャボン玉浴用

シャボン玉浴用

シャボン玉浴用の石鹸の色は、真っ白ではなく乳白色をしていて表面に「シャボン玉」と刻印されています。

香りはもちろんありません。

手で泡立てるより洗顔ネットを使うのがオススメで、そうすると厚みと弾力を感じる泡がたっぷりできます。

濃密泡

久しぶりに使ってみようと口コミなどを読んだ時、フワフワした軽い泡ができると書かれているものがあったのですが、私にはしっかりした厚みと弾力を感じる濃密泡だと思えました。

時間がかからず泡立ち抜群。

洗い上りは素肌に戻った!と思えるさっぱり感がありますが、すぐに保湿したくなるような乾燥は感じませんでした。

私は若い頃から固形石鹸が大好きなんですけど、乾燥が気になる年齢肌になってからは美容成分配合の枠練り石鹸ばかりを選び使ってきたんです。

石鹸素地100%!無添加石鹸での洗顔&ボディ洗いは洗浄力が強く、年齢肌にはカピカピ乾燥しそうな気がして。

だけど…久しぶりに使った「シャボン玉浴用」は以前と変わらず、乾燥を感じない素肌感を思い出させてくれる無添加石鹸でした。

すっきり洗い上げてくれます。

どう違う?ビューティーソープの使い心地・泡立ち

ビューティーソープ

ビューティーソープの石鹸表面には、PREMIUMの刻印。

同じ100gということもあって、手に持った感じも色も「シャボン玉浴用」との違いが刻印を見ないと全然わからない感じです。

moganaのアイコン画像mogana

使っていくうちに見た目だけだと、どちらがどっちか分からなくなりそう

でも…洗顔ネットを使い泡立て始めると、違いがハッキリわかりました。

泡立ち

とてもキメ細かい&フワフワした柔らかい泡がたっぷりできて、手から今にもこぼれ落ちそうなんです。

カメラ片手に急いで撮影しました。

ワンランク上質&精製度の高い油脂を使用いている「ビューティーソープ」の方が、シャボン玉浴用より厚みのある泡ができると想像していたので、これは意外。

泡立ちの違い

写真を並べてみると、泡のタイプが全然違うのがわかります。

ビューティーソープは肌への感触がすごく柔らかいくて、洗い上りの自然なしっとり感が◎でした。

無添加石鹸を使ってみたいけれど肌の乾燥が気になっている方は、ビューティーソープから始めてみるのがいいかもしれませんね。

moganaのアイコン画像mogana

ほんと優しい泡&使用感です

もちろん石鹸オフのミネラルメイクはしっかり落とせる

ミネラルファンデーション

「シャボン玉浴用」「ビューティーソープ」ともに洗浄力はバッチリなので、クレンジング不要のミネラルメイクはしっかり落とせます。

洗い上りの肌がつっぱる感じがないこともあって、何千円もする石鹸を使った時との違いがわからないほどでした。

お風呂場で顔~全身洗い1度にできると、ほんとにラク。

「シャボン玉浴用」「ビューティーソープ」どちらも良心的すぎるお値段なのに、このクオリティーはすごいです。

ただ…乾燥が気になる私の肌には朝洗顔にも使うと洗いすぎ感があるので、顔への使用は1日1回がちょうどいい感じでした。

まとめ

シャボン玉石鹸

この記事では、「違いは何?【シャボン玉石けん】浴用&ビューティーソープをレビュー」について書きました。

どちらも、乾燥が気になる年齢肌の私にも安心して使うことができた完全無添加石鹸

どちらがいい?と聞かれたら、どちらもいいと答えます。

出来る泡の感じ&洗い上りの肌の状態から、好みの方を選ぶのがオススメです。

moganaのアイコン画像mogana

お値段も20円しか違いません

昔ながらの釜炊き製法で手間暇かけて作られた「シャボン玉石けん」の良さを再認識しました。

スポンサーリンク

目次
閉じる