Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
50歳からの自重自愛な暮らし

【簡単メイク直し】コンパクトな私の化粧ポーチの中身を公開

化粧ポーチ 50代

雑誌やSNSなどで、知らない方の化粧ポーチの中身や手帳術が公開されていると、年代や男女問わず楽しみでじっくり見ています。

自分の知らないアイテム・使い方・考え方なども知ることがきるんですよね。

現在50歳になる私の化粧ポーチの中身を知りたい方がいるかはさておき、愛用品の写真が撮れることも嬉しいので公開したいと思います。

昔はたくさんのメイクアイテムを化粧ポーチに入れ持ち歩いていました。

でも…もうそんな気力はなくなっているため、厳選して使うものだけを入れています。

少なくした当初は「これだけで本当に大丈夫かな?」と不安になったりしたんですけど、よく使う必要なものは入れてあるので困ることはありませんでした。

すっかりコンパクトになった持ち運び用化粧ポーチは快適です。

簡単にメイク直しができるコンパクトな化粧ポーチの中身

ポーチの中身

上の写真が、がま口化粧ポーチの中身全部。

キラキラした感じのものは一切ないけれど、これだけのアイテムできっちり簡単にメイク直しができています。

どのメイクアイテムも、いろいろ試してみた中でのお気に入り。

ほとんどマチがない化粧ポーチに、写真の中身全部をかさばることなく入れることができています。

あやの小路

>>愛用しているのは6寸がま口平ポーチ【あやの小路】 日本製 京都のものです

念のための鎮痛剤というのは、更年期症状が出始めてから頻繁に頭痛がおこるようになったから。

現在は…私にとても合っている更年期症状対策しているので、ほとんど飲む機会はないけれど念のためです。

外出先で痛くなるたび購入していた頃、家に鎮痛剤の箱がいっぱいになってしまったので。

それでは、化粧ポーチの中身で特に気に入りリピし続けている数点を、それぞれご紹介していきますね(鎮痛剤の紹介はないので安心してください)

粉感がないマキアレイベルのプレストパウダー

マキアレイベル パウダー

マキアレイベル「薬用 クリアエステヴェール」の仕上げ用パウダー。

薬用クリアエステヴェールと言えば、神ファンデと呼ばれている美容液ファンデーションが有名なんですけど、私が1番気に入っているのはプレストパウダーの方です。

このプレストパウダーの何が好きかというと、厚塗り感のないセミマットな仕上がりと、ベースメイクのもちの良さ。

プレストパウダー

お一人様1セット限りの、美容液ファンデ&フェイスパウダーも一緒にお試しできる「薬用クリアエステヴェール透明感ベースメイクセット 」を使って以来、レフィル交換しながらメイク直し用に使い続けています。

自宅でのベースメイクの仕上げには、年に1度限定販売されるカネボウ「ミラノコレクション」のフェイスパウダーを使用。

ミラノコレクションもマキアレイベルも、いろいろ気になるところがある50歳の肌をしっかりカバーしてくれるので、時々他の化粧品に目移りしても「やっぱりこれが好き」と戻っています。

マキアレイベル公式サイト

お湯で落とせて長さも出るレアナニのマスカラ

レアナニ マスカラ

「レアナニ プレミアムマスカラ ロング&セパレート」を、自宅用と化粧ポーチ用で2本常備しています。

38度以上の湯でオフできて、専用リムーバーがいらないことも便利。

クレンジング不要のマスカラをいろいろ試した中で、使用感や仕上がりが1番好みでした。

このマスカラは、頑張りすぎてない感じのシッカリめについてくれます。

マスカラ ブラシ

ブラシ部分は超極細で、部分的に短くなってしまっているまつ毛や、下まつ毛もしっかりキャッチしてくれています。

何より気に入っているのは、重ねるごとキレイに伸びてくれること。

若い頃からメイクの中でマスカラを塗ることが1番好きで、下地~用途別マスカラ3本を使っていた私にも、1本でほどよい満足感を与えてくれました。

メイクしながら、まつ毛ケア(美容液成分21種配合)できるのも嬉しいところです。

乾燥しないカバーマークの美容液リップスティック

カバーマーク

口紅が苦手な私は色がつくリップクリームを使うことが多かったんですけど、中でも気に入ってリピしているのは、カバーマークの美容液リップスティック。

唇表面のアミノ酸に反応して、自然な色味で発色してくれます。

11種類の植物抽出エキスをはじめ、美容液成分が83%も配合されているだけじゃなく、紫外線による乾燥や日焼けを防いでくれる効果(SPF15・PA++)も。

カバーマークの美容液リップスティックは、ピンクやピーチなど全3色あります。

私が化粧ポーチに入れているのは、「03 クリアオレンジ」

リップクリーム

写真でもわかる通り、ほどよい発色でツヤもでます。

私は若い頃から、スモーキー(くすんだ感じ)でマットなリップカラーが好きだったんですけど、40代半ばを過ぎたころ家族から「顔色悪いけど大丈夫?」と聞かれたことがあったんです。

このとき気づいたのが…もうスモーキーなベージュカラーが似合う歳ではなくなったこと。

自分が好きな色やマットな質感を貫くよりも、ほどよい色味やツヤがこれからは大切なことでした。

乾燥したり唇が荒れないカバーマークの美容液リップスティックは、自然な色味・持続力のあるツヤ・潤いをくれるので愛用しています。

スティックタイプで食べやすいコラーゲンペプチドゼリー

BMペプチド5000

そのまま口をつけ簡単に食べることができるコラーゲンゼリーも、ポーチの中に必ず1本入れています。

毎日1~2本目安で食べ続けているのは、コラーゲン・ゼラチン製造の国内最大手、新田ゼラチンの関連企業から発売されている「BMペプチド5000」

1本でコラーゲンペプチド5000㎎(5g)・葉酸・ビタミンB1・B6・B12・ナイアシンを摂ることがことができます。

柚子味

>>ニッタバイオラボ【BMペプチド5000】

更年期を迎えてから心身ともに変化を感じた時、いろいろお試しした中で私には1番効果を実感できるものだったので続けています。

そして今では、ニッタバイオラボのファン倶楽部にまで。

全身の細胞にシグナルを与えるコラーゲンペプチドの機能性を、もっと知りたいと思えたからです。

外出先でちょっとだけお腹が空いたときも、「BMペプチド5000」は丁度いい食べ応えなんです。

コラーゲンゼリー

やっと出会えた自分に合うものなので、お守りのようにポーチの中に。

ただ…化粧ポーチに入れていたスティックに直接口をつけるのはなんなので、ジュレのような食感のくずれやすいゼリーを、少しづつ押し出しながら食べています。

>>ニッタバイオラボ【BMペプチド5000】詳しくはこちら から

がま口化粧ポーチの中はまだまだ余裕あり

がま口 ポーチ

マチがほとんどないポーチの中は、全部入れてもまだまだ余裕があります。

でもこのくらい余裕がある方が、取り出すのもしまうのも快適。

気に入っているポーチの中を汚したくないので、こまめに全出ししては中を拭いています。

全部入れても軽くて、バックの中でもかさばらず。

外出中、1度もがま口を開けることがない日も多いけれど、おばあちゃんになっても化粧ポーチは持ち続けたい。

自分に今必要なものはどんどん変化していくので、化粧ポーチの中身公開で詳しく写真を撮り残せたことはいつか懐かしい思い出になりますね。