Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
50歳からの自重自愛な暮らし

質実剛健&美【あやの小路】がま口化粧ポーチに一目惚れ

あやの小路

若い頃のように、外出先で何回もメイク直しをすることはもうないけれど、化粧ポーチは持ち歩くようにしています。

華子

今回新しく購入したのは、がま口専門店「あやの小路」のもの

がま口好きにはたまらない「あやの小路」は日本で唯一、自社で企画・製造・販売まで行っています。

この前まで使っていた携帯用の化粧ポーチは、ある程度マチがあるタイプ。今回選んだポーチには、ほとんどマチがありません。

でも…柄もカタチも、一目惚れでした。

迷わず選んだのは「あやの小路」6寸がま口平ポーチ

化粧ポーチ

私が持ち歩き用の化粧ポーチとして購入したのは、通帳・印鑑ケース・パスポート・カード・現金など貴重品をまとめるのに便利な6寸がま口平ポーチです。

サイズ

  • 高さ 11.5cm
  • 幅(最大)19.5cm
  • マチ 2cm

通帳・パスポート・1万円札など入れて確認してみたんですけど、すべてタテもヨコも余裕をもって入れることができました。

出し入れもスムーズで、「通帳入れとして使おうかな?」と思ったくらいです。

薄い化粧ポーチ

>>6寸がま口平ポーチ【あやの小路】

がま口専門店「あやの小路」にはマチたっぷりで大容量の化粧ポーチもありますが、迷わず平ポーチを選びました。

▼マチたっぷりの化粧ポーチはこちら

私が選んだ6寸がま口平ポーチは、化粧ポーチとしてはあまり入りそうにないけれど、かさばるモノをもう持ち歩きたくないのでこのカタチで十分です。

マチはそうなくても、高さと横幅がちょうどいい。

京都の職人によって丁寧に作られたポーチの中

ポーチの作り

「あやの小路」のがま口は、とてもスムーズに開閉できるけれど、作りがしっかりしているのがわかります。

がま口をパチンと開けると、高さ 4.5cm×幅 10cmくらいのポケットが片側に2個ありました。

通帳や貴重品入れとして使うなら、この中に保険証やキャッシュカードなども入れることができますね。

実際に免許証やクレジットカードなども入れてみたんですけど、左右につっかかったりすることなく高さも丁度いい。

関連記事
化粧ポーチ 50代 【簡単メイク直し】コンパクトな私の化粧ポーチの中身を公開

ちなみに…私が入れようと思っているのは、鎮痛剤4錠・あぶらとり紙です。

更年期症状が出始めてから頭痛がすることが多くなり、鎮痛剤を持っているようになりました。

外出先で急に痛くなった時、持ち合わせがなく購入していたら不経済&箱がいっぱいになってしまったので。

今はいろいろ更年期対策をしているので、鎮痛剤を飲むことはほとんどありませんが念のため。

華子

備えあれば憂いなしです

見ているだけで嬉しくなるものは心を潤してくれる

あやの小路

日常生活を送っていく中で、ふと目にするものが見ているだけで嬉しいものだと、心が潤う感じがします。

あれもこれも…たくさんのモノを所有するすることは、もう管理しきれないし疲れるようになりました。

華子

必要なもの、見ているだけで嬉しくなるものだけを選んで暮らしたい

携帯する化粧ポーチの中に、長さが出るマスカラ・ボリュームが出るマスカラなど、いろいろ入れていた若い頃を時々思い出します。

マスカラの用途の違いや仕上がりにこだわっていた、あの頃の自分に何か伝えることができたなら、「ちょっとした自己満足に幸せを感じられるっていいよね」と言ってあげたい。

お気に入りの化粧ポーチを大切に使いながら、あと少しで始まる令和を迎えたいと思います。